Rss

監視カメラの正しい選び方と設置方法

自宅の防犯などのために監視カメラを設置しようと考える方もいるでしょう。店舗などでは、店内の様子やまた店員などの動きをチェックしたり、なにかしらトラブルなどがないかなどをモニターで映すことで監視します。そのため、ドーム状になった監視カメラなどを設置するのが店舗などでは主流です。自宅の場合には、その用途にあわせてカメラを設置するといいでしょう。玄関前やまた、自宅敷地内の庭、車庫などを監視カメラでチェックしたい場合には、その用途、また時間帯が昼間なのか夜間なのか、その他にも雨などを降った場合なども考慮して防水仕様のものを設置するかどうかなどさまざまな状況を想定して設置するといいでしょう。車上荒しや空き巣狙いの場合の防犯対策として監視カメラは有効な手段といえるでしょう。

目的にあった監視カメラの選び方

自宅で監視カメラを設置したい理由をきちんと把握しておくことが大切です。庭先で夜中物音がするから、何が起きているかをチェックしたい、また、近所で空き巣被害が頻発しているため、防犯の意味で設置したい、自宅の塀に落書きされてしまったので、いたずらされないように監視カメラを目立つ位置に設置して、いたずらを防ぎたいなど、さまざまな理由があるでしょう。その目的にあわせて、昼間だけ映像が撮れればいいのか、また、夜中の暗闇の中、はっきりと映像が撮れる高画質なカメラがいいのか、また、雨天時に雨に濡れても大丈夫なように防水がしっかりと施されているカメラがいいのかなどを考慮して選ぶようにしましょう。適当にどれでも似たようなものだと選んでしまうのはあまりよくありません。しっかりと用途に合わせたカメラを選ぶことが大切です。

監視カメラを自宅で設置するために

監視カメラは自分で設置することも可能です。ですが、業者に頼んだほうが安心できると考えた場合には、無理をせず業者に頼むのも一つの手段です。自分で設置する場合には、カメラをしっかりと固定できるように設置場所は選ぶようにしましょう。不安定な位置や壁が薄かったり、無理な角度に固定しないようにしましょう。また、防犯の意味で取り付ける場合などは、侵入を試みたり、また、家の外からでも監視カメラが目立つ位置に設置することも大切です。カメラがあることで、不審者やいたずら目的で自宅に近づいてくる人に対して、警戒させることになるので、それだけでも防犯の効果はそれなりに期待ができます。設置をする場合には、ただ設置するのではなく、用途にあわせること、またしっかりと固定できる位置に設置することが大切です。